あさか保育人材養成学校は、国家試験の保育士試験受験で保育士を目指す方のための学校です。保育士試験対策だけでなく、保育現場実務もしっかり学ぶことが出来ます。保育園見学・保育園実習で就職までもサポート。最短約6ヵ月で保育園等保育関連施設への就職を目指します。

資料請求はこちら

 

 
保育士向け学び講座
 
 
-保育現場ですぐ役立つ ONE DAY 講座-
 
あさか保育人材養成学校では、現役の保育士、保育者のみなさんへ常に学びの場を提供しています。すぐに役立つ実践講座から、保育について様々な角度から、考える会など、保育士の仲間作りの場もあります。これからも、保育の現場がより素晴らしいものになるように、様々な学びの場を提供していきます。
 
※カード払いをご希望の方は「カートに追加」ボタンをご利用ください
※AICメンバー様は参加無料です
 
<講座一覧>
◆ONEDAY講座
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
2018年7月21日(土)9:00~12:10
「乳児保育の基礎知識①」講座 
乳児保育と幼児保育の違いを理解し、0~2歳児の発達・安全に配慮した保育士の
対応を具体的に学びます。実習を多く取り入れ、すぐに現場で使える力を育みます。
 
  
【対象となる方】
・現職の保育士の方
・これから保育士をめざす方
・子どもの成長を知りたいパパママ
 
◆発達の基礎知識(90分
0~2歳児の発達と、発達を援助する保育者の対応(座学)
 身体発育の基礎知識
 首座り・はいはいなど運動機能の発達と対応
 言葉の発達と対応
 心の発達と対応
・身体計測の仕方と発育発達の見方と記録の仕方(ワークショップ)
 
健康の基礎知識(90分)
子どもによく見られる病気と対応(座学)
 乳児期の病気基礎知識・観察の仕方
体調不良児の対応と保育
 保護者への情報提供の仕方と対応の仕方(ワークショップ)
 
 
受講料  6,000円(税込)
 
講師:藤城富美子(ふじしろふみこ)
全国保育園保健師看護師連絡会常任理事
 
 

保育園で看護師として20年以上勤務。その傍ら、全国保育園保健師看護師連絡会

会長、日本保育保健協議会監事なども歴任し、厚生労働省「保育所における感染症ガイドライン」検討会にも参画。全国社会福祉協議会発刊「新 保育士養成講座 子どもの保健」第9章の執筆、「保育所保育指針」解説書検討ワーキンググループ参加経歴もあり、保育の分野にも貢献。聖学院大学にて非常勤講師も務めるなど、保育園での勤務経験を生かし多岐に渡り活動している。

 

 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
2018年8月4日(土)9:00~12:10
「乳児保育の基礎知識②」講座 
乳児保育と幼児保育の違いを理解し、0~2歳児の発達・安全に配慮した保育士の
対応を具体的に学びます。実習を多く取り入れ、すぐに現場で使える力を育みます。
 
  
【対象となる方】
・現職の保育士の方
・これから保育士をめざす方
・子どもの成長を知りたいパパママ
 
日常生活の養護
睡眠・衣服の着脱・おむつ替えの仕方・抱っこ・おんぶ・沐浴
(座学・ワークショップ)
 
排泄・衛生の実践
・保育環境の衛生
日々の清掃(おもちゃ・砂場・トイレ)
感染症が流行した時の消毒の仕方・消毒液の作り方(ワークショップ)
プールの衛生管理(水質検査:残留塩素濃度の測定)
・排泄の発達・トイレトレーニングの基礎知識(座学)
・衛生に関わる基礎知識
 (鼻をかむ 手洗いなど)(座学・ワークショップ)
 
 
受講料  6,000円(税込)
 
講師:藤城富美子(ふじしろふみこ)
全国保育園保健師看護師連絡会常任理事
 
 

保育園で看護師として20年以上勤務。その傍ら、全国保育園保健師看護師連絡会

会長、日本保育保健協議会監事なども歴任し、厚生労働省「保育所における感染症ガイドライン」検討会にも参画。

全国社会福祉協議会発刊「新 保育士養成講座 子どもの保健」第9章の執筆、

「保育所保育指針」解説書検討ワーキンググループ参加経歴もあり、保育の分野にも貢献。聖学院大学にて非常勤講師も務めるなど、保育園での勤務経験を生かし

多岐に渡り活動している。

 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
2018年8月19日(日)15:00~17:00
「英語絵本を活用した英語の教え方」講座 
 
<子どもへの英語の教え方を学ぶ>
年齢やレベルに合わせた絵本選びのポイントから、こども達がわくわくする読み聞かせ方法、
絵本を使った英語コミュニケーションの取り方など、経験のない方や英語が苦手な方でも
チャレンジしていただける教授法ですので、こども英語教育に興味のある方でしたら、
どなたでもぜひご参加ください。
  
【対象となる方】
・家庭でのこどもの英語教育に興味がある保護者
・幼児や小学生の教育に関わるお仕事で、英語教育を取り入れたい人
・効果的な英語の絵本の読み聞かせ方法に興味のある人
・こども英会話講師を目指されている人

◆内容 
・年齢・レベル別 絵本の選び方
・絵本で学ぶ英語のコミュニケーション
・単語やフレーズの効果的習得方法
・わくわくする絵本の読み聞かせ
・実際に絵本を読んでみよう!(実践)
 
◆メリット
・英会話レッスンで効果的な絵本の読み聞かせ方法を学ぶことができる
・ふだんと違ったこども達とのコミュニケーションを取る機会ができる
・絵本からこども達に英語を楽しく伝える(紹介する)ことができる
・自分の英語力が向上する
 
受講料  5,000円(税込) 
 
講師:Mariko (Ameria) Ichikawa
ENGLISH SALON PRIM代表
 

インターナショナルハイスクールの保育コースを卒業。

大学で臨床心理学・発達心理学を学び、卒業後カナダにバイリンガル教育を学ぶため2年間留学。帰国後、NPO法人「国際言語教育協会認定こども英会話講師資格」取得。こども英会話講師として、都内を中心にインターナショナルプリスクール、英会話教室、託児所などで英会話を指導。プリスクール、英会話教室新規立ち上げのコンサルティングも行い、年間カリキュラム・レッスンプランの作成、営業、講師トレーニングなど、英会話教室 の運営をサポート。

その後、江東区森下にENGLISH SALON PRIMをオープン。

 

 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
2018年9月1日(土)13:00~16:10 
「授乳から離乳食の発達の基礎知識」講座 
 
乳幼児期は、生涯にわたる健康の基礎を築く大切な時期です。
この時期に適正な栄養摂取や食生活のあり方の知識は、
順調な成長発達を促すためにももっとも重要な知識です。
 
【対象となる方】
・現職の保育士の方
・これから保育士をめざす方
・子どもの成長を知りたいパパママ

<食事の実践>
  
・授乳から離乳食の発達の基礎知識(座学)
・食具の指導(手づかみ~スプーン・フォークまで)・乳幼児期の栄養(座学)
 (ワークショップ)
・調乳、離乳食の与え方(ミルクの作り方・冷凍母乳の作り方
 (ワークショップ)
・対応食(食物アレルギー児など)の対応の仕方
 
 
受講料  6,000円(税込)
 
講師:喜多野直子
管理栄養士・特定保健指導員・食育インストラクター
 

赤坂見附 前田病院に栄養士として勤務。その後飲食関係の仕事を経て、 

現在は小田原短期大学非常勤講師、三幸学園東京こども専門学校、

東京医療秘書福祉専門学校にて専任講師を務める。

担当教科は子どもの食と栄養、栄養学、食育、生活支援技術、調理実習など。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
2018年10月6日(土)10:00~12:00
「発達障害の基礎知識」講座 
 
 
【対象となる方】
・現職の保育士の方
・これから保育士をめざす方
・子どもの支援を強化したいすべての方々
  
<発達障害概論(50分)>
 『発達障害』や『発達の凸凹』には、様々な特性・状態があります。診断に囚われず、どんな偏りがあるのか、どんな困り感があるのかを主として扱っていきます。具体的な事例を挙げていくので、身近にいる子どもの姿をイメージしてもらいながら子どもたちのもつ特性を理解する機会にして頂きたいと思います。
 
<疑似体験(50分)>
 LD・ADHDなどの子どもたちは、目から、耳からどのように情報を吸収しているのか、物事・事態をどう捉えているのか体験して頂きます。「分かりづらい」「見えづらい」子どもの特性・困り感を、心理的に疑似体験していただきます。その上で、どのように支援をしたら、子どもたちの困り感が緩和されるのかを考える機会にしたいと思います
 
受講料  6,000円(税込)
 
 
講師:上江 昇一
NPO星槎教育研究所所属 臨床心理士/心理臨床学会所
 

帝京大学大学院文学研究科臨床心理学専攻修士課程修了。

東京都北区不登校対策室カウンセラーや、帝京大学医学部附属病院

メンタルヘルス科で心理検査担当などを歴任。

現在は星槎教育研究所で、日々子ども達の発達上におこる諸問題に寄り添っている。実践保育力検定監修。

 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
2018年10月13日(土)14:00~16:00
「家庭的な要因で苦しんでいる子どもと親を救う」講座
 第2回 虐待の発見と通告の実際 
 
わずかな見落としが子どもたちの生命・身体の危機に繋がります。
園でどんなサインをどう支援につなげるかを考えましょう。
 
【対象となる方】
●学童施設ではたらく方
●保育園の経営者の方
●保育のお仕事に携わる方
●子どもの成長を知りたいパパママ
  
<講座の流れ>
・虐待通告は子どもにとって大きな救いの手となる
 〜昨今の虐待報道と「何ができたか」〜
・法律が園や学校に求めているのは「早期発見」
 〜園や学校は虐待を証明しなくてもいいんです〜
・小さなサイン、小さなSOS
 〜幼いうちに人生を諦めてしまわないように〜
・組織的対応、管理職のリーダーシップ
 〜虐待が疑われたその瞬間から優先されること〜
・虐待通告の判断
 〜実際にどのように整理していくか〜
・こどもに、生きる希望を育める組織に
 〜保育士という尊さ〜
 
 
受講料  6,000円(税込)
 
講師:安永 千里(やすなが ちさと)
社会福祉士/神奈川県教育委員会スクールソーシャルワーカー
明星大学人文学部福祉実践学科実習指導員
 

静岡大学大学院教育学研究科学校教育専攻修了。10年間の中学校教諭を経た後、

企業にて働く上での相談や、福祉事務所で生活面などの様々な相談対応を経験。

7年前より神奈川県の複数の自治体にてスクールソーシャルワーカーとして勤務。

教育分野の苦悩などを常に念頭に置きながら教育と福祉の架け橋となるべく

活動している。こどもの援助にかかわる勉強会の主催や講演活動多数。

 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
2018年10月13日(土)17:00~19:00
こんなに変わる!「乳幼児期から『生きる力』が身につく
」講座 
 
 
【対象となる方】
・学童施設ではたらく方
・保育園の経営者の方
・保育のお仕事に携わる方
・子どもの成長を知りたいパパママ

〇「生きる力」と乳幼児期とのかかわりを知る
  青少年期の自立が乳幼児期とどのようにかかわっているのか?
  少子・高齢化、都市化、女性の社会進出等、社会構造が変化していく中で、
  幼児・児童生徒、若者が置かれている現状や施策はどのような状況なのか?
  乳幼児の生活が青少年期をどう左右するのか調査結果を紹介し、キャリア
  教育の視点から幼児期に育まれるべき「生きる力」を考える。
 
〇「乳幼児期から『生きる力』を身につける」ことの意義
  乳幼児の精神的・運動機能的な発達と基本的生活習慣、ことばの発達とコ  
  ミュニケーション能力、遊びの発達等、子どもの育ちの危うさと「生きる力」
  との関係を考える。「なぜ乳幼児期で『生きる力』を手にしていくことが大切
  か」について、その意義や背景を、詳しい事例とともに解説する。
  ※体験型ワークショップがあります。
 
 
受講料  5,000円(税込)
 
講師:宮崎 冴子
(社)社会貢献推進国際機構キャリア開発研究所所長
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟評議員/新宿ユネスコ協会会長。
専門はキャリア教育・生涯教育(家庭・学校・社会)・生涯発達心理学・キャリアカウンセリング。45年前から「乳幼児期の発達心理と人格形成」「確かな学力と豊かな人間性」の課題に取り組んでいる。社会教育主事・キャリアコンサルタントの資格を持ち、大学のキャリアセンター創設ほか、生涯キャリア構築に関する社会教育支援を継続。
 
 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
【保育士のための基礎講座シリーズ】
 
より深く保育現場の基礎知識を学ぶことが出来る講座です。
1日から2日間の講座をラインナップしております。
新人、中堅保育士の研修として、最適なプログラムです。
 
 
 
<保育力コーチング-全12時間>
2018年11月4日(日)9:00~16:20(4限)
2018年11月11日(日)9:00~16:20(4限)
 
知識とともに実践の中で必要なのが「動作」や「行動」であり、戸惑うことが多いのが、子ども・保護者・職員との「コミュニケーション」なのではないでしょうか。この講座では、「やりがいある保育」の一歩として質の高い保育連携を行うために「現場で保育者が心掛けていること」「視点」「質の高い保育のためのコミュニケーション」について、8つの視点から学び、あなたの中に眠る保育力を引き出します。
 
-プログラム-
(1日目)
・保育は感情労働
 ~子どもの気持ちに寄り添うヒント
・子どもに関わる視点「見る」「観る」「診る」
 ~そのための在り方
・保護者への「ねがい」・かかわり方
・保育はチームワークで回っている
(2日目)
・一日の流れ・シフト・園のルール
 
受講料  25,000円(税込)
 
講師:松原美里
認定こども園エクレス 保育園部 元施設長/なかよし保育園・小川学童クラブ所属。
幼少より保育の世界に憧れ、横浜の保育園・川崎の児童養護施設にて働く中で子どものための親のサポートの重要性を痛感し、CTI Japanにてコーチングを学ぶ(米国認定プロフェッショナルコーアクティブコーチ取得)。その後子育て支援コーチング・講座を担当し、AllAbout「育児の基礎知識」ガイドとして78本の子育て支援記事を執筆・雑誌の監修を行う。親子を支援する保育者を対象にコーチング・心理学・NLP等を活かした後輩育成研修・現場力を育むコミュニケーション講座などを各地で開催している。
 
 
 
<乳児保育-全12時間>
2018年12月2日(日)9:00~16:20(4限)
2018年12月16日(日)9:00~16:20(4限)
乳児保育と幼児保育の違いを理解し、0~2歳児の発達、健康・安全に配慮した保育士の対応を具体的に学びます。また、おむつ替えの仕方や、授乳・離乳食の与え方、発達記録のとり方などは実習を行いすぐに現場で使える力を育みます。
 
-プログラム-
(1日目)
・乳児保育の制度
・0~2歳児の発達と、発達を援助する保育者の対応
・身体計測の仕方と発育発達の見方と記録の仕方
・子どもによく見られる病気と対応
・子どもに多く見られる事故と予防対策
(2日目)
・日常生活の養護
・排泄
・衛生の実践
・あそびの実践
・保護者対応
 
受講料  25,000円(税込)
 
講師:藤城富美子
全国保育園保健師看護師連絡会常任理事 保育園で看護師として20年以上勤務。
その傍ら、全国保育園保健師看護師連絡会会長、日本保育保健協議会監事なども歴任し、厚生労働省「保育所における感染症ガイドライン」検討会にも参画。全国社会福祉協機会発刊「新
保育士養成講座 子どもの保健」第9章の執筆、「保育所保育指針」解説書検討ワーキンググループ参加経歴もあり、保育の分野にも貢献。聖学院大学にて非常勤講師も務めるなど、保育園での勤務経験を活かし多岐にわたり活動している。
 
 
 
<発達障害-全12時間>
2018年11月25日(日)9:00~16:20(4限)
2018年12月9日(日)9:00~16:20(4限)
発達障害は、脳の中枢神経系に何らかの機能的な問題があって起こるものとされています。文部科学省の調査により、児童生徒のうち6.5%が発達障害とされており、教育の現場でも無視できない問題となっています。この科目では、発達障害について基礎的な知識および発達障害の子どもに対する適切な支援方法について学びます。
 
-プログラム-
(1日目)
・発達障害とは ~定義と特徴~
 LD・AD/HD・自閉症スペクトラム
・発達障害の認知特性
・具体的な支援の方法
(2日目)
・ペアレントトレーニング
・ティーチ(TEACCH)
・ソーシャルスキルトレーニング(SST)
・保護者との連携
 
受講料  25,000円(税込)
 
講師:岩澤一美
横浜国立大学教育学部小学校教員養成学専攻
星槎大学大学院教育実践科准教授
現職教員および発達障害当事者、保護者に対する講演、セミナーを講師として多数実施。
 
 
 
<子どもの安全・安心-全6時間>
2018年12月23日(日)9:00~16:20(4限)
保育士は子どもの安全に対する知識とその知識に裏打ちされた行動力が大切です。健康観察から、感染症、アレルギー、ブレスチェックや緊急時の医療スタッフの到着までの対応等、保育士が日常的な保育で子どもたちの命を守るために必要な知識を学びます。
 
-プログラム-
●子どもの保育と保健
●子どもの成長発達
●保育所における健康観察
 ・健康観察の意義
 ・健康観察の行い方
 ・乳幼児突然死症候群(SIDS)
 ・緊急事態への対応(熱性けいれん/アレルギー/出血)
 ・家庭
 ・医療機関との連携
●感染症の基礎知識、予防・対処
 ・よく見られる感染症
 ・感染症の予防対策
 ・正しい汚物処理の仕方
●事故防止と安全
 ・保育所における事故
 ・応急手当、救命手当
受講料  15,000円(税込)
 
講師(1):馬場与志子
社会福祉法人東京児童協会看護師、チャイルドボディーセラピスト。
都立墨東病院で救命医療を経験し、キッズクリニックを経て「地域医療を支え、保育保健に携わることで保護者、保育者と共に、子どもの健康を見守ることを傷害の仕事」として現職に。
 
講師(2):前島記子
社会福祉法人東京児童協会看護師。
東京女子医科大学病院先天性心疾患小児集中治療室、小児科病棟勤務後、現職に。「大学病院で命と戦い抜く親子を看護してきました。この経験を未来ある
子どもたちに活かし、自分を成長させていきたい」