保育ベーシックコース

保育の現場で活かせる「あそび実践(1)」  

発達と5領域のかかわりを見据えながら総合的に保育を理解することが保育者に求められます。
実践事例や保育実技を織り込みながら、保育内容を総合的に捉える視点を養っていくとともに、保育を展開していくための資質と指導法を、様々な遊びを実践しながら身につけていきます。

 

2019年5月19日(日)9:00~16:20

はじめに(プロローグ、遊びとは)

1.遊び①(手遊び基本編) 既存の手遊びを改めてやってみる
2.遊び②(手遊び発展編) オリジナルの手遊びと共に既存の手遊びをアレンジする
3.遊び③(ふれあい遊び) 保育参観でも活用できる親子の遊びを紹介
4.遊び④(ふれあい遊び) 日常保育はもちろん子育て支援でも活用できる遊びを紹介

 

2019年6月9日(日)9:00~16:20

1.遊び⑤(歌あそび) 保育の様々なシーンにおいて楽しめる歌遊びを紹介
2.遊び⑥(集団遊び) 歌遊びを含め子どもと集団で楽しめる遊びを紹介
3.遊び⑦(リズム体操)明日からすぐに踊ることのできる保育現場のリズム体操を紹介
4.遊び⑧(保育ソング) 保育の様々なシーンから生まれた保育ソングを紹介

 

<受講料>
あそび実践① 菊地政隆講師 2回 25,000円(税込)

→お申し込み>>>  または03-6811-0514

※1回のみの場合は15,000円(税込)

 

会 場 あさか保育人材養成学校 市谷加賀町教室
東京都新宿区市谷加賀町 2-4-27 「フロンティアキッズ加賀町」4階
(都営大江戸線 牛込柳町駅 徒歩5分/JR市ヶ谷 駅 徒歩10分)

地図>>>

 

 

 

 

 

【講師:菊地政隆(きくちまさたか)氏】

1976年生まれ東京都出身。祖父の代から保育施設を 営む家の長男として生まれる。
男性保育士の先駆けとして、複数の保育園で保育士として働き、現在は学校法人袋山学園しらこばと幼稚園理事長・園長を務める。
保育教材の製作なども精力的に行い、保育のための歌のCD,DVDも多数リリース。
保育・育児雑誌などに複数の連載を持つ。修紅短期大学客員准教授。
東北福祉大学非常勤講師、目白大学非常勤講師、近畿大学九州短期大学非常勤講師他。
あさか保育人材養成学校校長。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

保育の現場で活かせる「あそび実践(2)」  

「先生のポケットは、魔法のぽっけ」

日常の保育の中の具体的な遊びを通し、実例を使って授業を進めて行きます。
さらに、いつもの遊びが大きな行事にも繋がっていく過程を学び合う場にします。
5領域のあらゆる面から、考察しながら、受講生それぞれの疑問や、不安、困っていることを出し合いながら、ディスカッションを交え、共感しあえる場づくりをしていきます。

 

2019年5月26日(日)9:00~16:20 

  • どんなクラスにしていきたい?
  • ふれあい遊び・歌あそび(月齢ごとのアレンジ)
  • 実技教材の実演アレンジ(手袋シアター、ペープサートなど)
  • 日々の遊びをどう生かすか?子どもの言葉をヒントに!
  • 今年の運動会、どうプロデュースする?(演出法、進め方など)
  • ペープサート作成(1作品作成して持ち帰っていただきます)

 

2019年6月29日(土)9:00~16:20

  • どんなクラスにしていきたい?
  • 自分の保育指導案を見直す
  • ふれあい遊び・歌遊び(月齢ごとにアレンジ)
  • 実技教材の実演,アレンジ(エプロンシアター,パネルシアターなど)
  • 日々の遊びを、次につなげるには?
  • 今年の発表会、どうプロデュースする?(衣装,シナリオ舞台演出etc)
  • パネルシアター作成(1作品作成して持ち帰っていただきます)

 

<受講料>
あそび実践(2) 石川睦子講師 2回 25,000円(税込)

→お申し込み>>>  または03-6811-0514

※1回のみの場合は15,000円(税込)

 

会 場 あさか保育人材養成学校 市谷加賀町教室
東京都新宿区市谷加賀町 2-4-27 「フロンティアキッズ加賀町」4階
(都営大江戸線 牛込柳町駅 徒歩5分/JR市ヶ谷 駅 徒歩10分)

地図>>>

 

 

 

 

 

【講師:石川睦子(いしかわむつこ)氏】

自身の出産と子育てを機に親子ふれあい遊びサークル「にこにこぽっけ」を立ち上げる。
現在は幼稚園のプレクラスの担任を務めながら、品川区児童センター講師としても活躍。
さらに、子育てアドバイザー、チャイルドマインダー、育児セラピストとして、子育て支援活動にも従事、幼稚園教諭品川区「親子ふれあいあそび」幼稚園教諭。
他に小学校教諭免許も取得している。

保育士ベーシックコースは、国家試験で保育士を目指す皆さんのために、保育園で必要な実務の知識、スキルの基礎知識を提供致します。国家試験では、実務経験を問われることは

ありません。このコースでは、保育現場で働くために準備講座として、保育現場で活躍する講師に招いて、「今の保育」を学んで頂きます。

 

・保育の現場で役に立つ専門知識の提供

・保育現場でのコミュケーション

・より個性を大切にするために

 

 

 

「乳児保育の基礎知識(1)」

2019年7月6日(土)9:00~12:10

 

乳児保育と幼児保育の違いを理解し、

0~2歳児の発達・安全に配慮した保育士の対応を具体的に学びます。

実習を多く取り入れ、すぐに現場で使える力を育みます。

 

<カリキュラム>

 

◆発達の基礎知識(90分)

・0~2歳児の発達と、発達を援助する保育者の対応(座学)

身体発育の基礎知識

首座り・はいはいなど運動機能の発達と対応

言葉の発達と対応

心の発達と対応

・身体計測の仕方と発育発達の見方と記録の仕方(ワークショップ)

 

◆健康の基礎知識(90分)

・子どもによく見られる病気と対応(座学)

乳児期の病気基礎知識・観察の仕方

・体調不良児の対応と保育

保護者への情報提供の仕方と対応の仕方(ワークショップ)

 

 

会 場 あさか保育人材養成学校 井の頭教室

東京都三鷹市井の頭1-31-22 ケンパ井の頭分園内

(京王井の頭線「三鷹台」徒歩3分)

地図>>>

 

受講料・お申込み  6,000円(税込)

→お申し込み>>>  または03-6811-0514

 

 

【講師:藤城富美子(ふじしろふみこ)】

全国保育園保健師看護師連絡会常任理事

保育園で看護師として20年以上勤務。

その傍ら、全国保育園保健師看護師連絡会会長、

日本保育保健協議会監事なども歴任し、

厚生労働省「保育所における感染症ガイドライン」検討会にも参画。

全国社会福祉協議会発刊「新 保育士養成講座 子どもの保健」第9章の執筆、

「保育所保育指針」解説書検討ワーキンググループ参加経歴もあり、

保育の分野にも貢献。聖学院大学にて非常勤講師も務めるなど、

保育園での勤務経験を生かし多岐に渡り活動している。

 

——————–

 

「乳児保育の基礎知識(2)」

2019年9月6日(土)9:00~12:10

 

乳児保育と幼児保育の違いを理解し、

0~2歳児の発達・安全に配慮した保育士の対応を具体的に学びます。

実習を多く取り入れ、すぐに現場で使える力を育みます。

 

<カリキュラム>

 

◆日常生活の養護

・睡眠・衣服の着脱・おむつ替えの仕方・抱っこ・おんぶ・沐浴

(座学・ワークショップ)

 

 

◆排泄・衛生の実践

・保育環境の衛生

日々の清掃(おもちゃ・砂場・トイレ)

感染症が流行した時の消毒の仕方・消毒液の作り方(ワークショップ)

プールの衛生管理(水質検査:残留塩素濃度の測定)

・排泄の発達・トイレトレーニングの基礎知識(座学)

・衛生に関わる基礎知識(鼻をかむ 手洗いなど)(座学・ワークショップ)

 

 

対象となる方

  • 現職の保育士の方
  • これから保育士を目指す方
  • 子どもの成長を知りたいパパママ

 

 

会 場 あさか保育人材養成学校 井の頭教室

東京都三鷹市井の頭1-31-22 ケンパ井の頭分園内

(京王井の頭線「三鷹台」徒歩3分)

地図>>>

 

受講料・お申込み  6,000円(税込)

→お申し込み>>>  または03-6811-0514

 

 

 

【講師:藤城富美子(ふじしろふみこ)】

全国保育園保健師看護師連絡会常任理事

保育園で看護師として20年以上勤務。

その傍ら、全国保育園保健師看護師連絡会会長、

日本保育保健協議会監事なども歴任し、

厚生労働省「保育所における感染症ガイドライン」検討会にも参画。

全国社会福祉協議会発刊「新 保育士養成講座 子どもの保健」第9章の執筆、

「保育所保育指針」解説書検討ワーキンググループ参加経歴もあり、

保育の分野にも貢献。聖学院大学にて非常勤講師も務めるなど、

保育園での勤務経験を生かし多岐に渡り活動している。

 

 

お問い合わせ・資料請求はこちらまでどうぞ

電話:03-6811-0514

運営事務局:LMRファシリティーズ 教育事業部

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-2-10 三光ビル4階

メール:info@hoikujinzai.com

保育士ベーシックコースは、国家試験で保育士を目指す皆さんのために、
保育園で必要な実務の知識、スキルの基礎知識を提供いたします。
<社会的養護を担う施設を知ろうシリーズ>
「児童養護施設ではたらく人々」
2019年6月8日(土)10:00~12:00
各メディア等で採り上げられ、身近でありながら、よく知られていない児童養護施設。
現場で日々どのような取り組みがなされているのかをご紹介します。
およそ100年にわたり不変の理念を守る救世軍機恵子寮。
子どもたちを守り続けるその仕事の中身がわかります。
-プログラム-
1.児童養護施設って、どんなところ?(60分)
  実はよく知られていない児童養護施設。
  毎日の生活の流れは? どんな仕組みで動いているの?
  児童養護施設では、どの様な人材が働いているのか?
  保育士の役割は?
2.児童養護施設はなぜ必要なのか?(60分)
  「恵まれない子供たち」という一方的な価値観で見られやすい児童養護施設ですが、
  子どもの人権・子どもの利益は実際にはどのように守られているのでしょうか。
  子どもたちが人と人とのつながりを実感できる現場づくり。
  その取り組みと工夫、気付きについて解説いたします。
会 場 あさか保育人材養成学校 市谷加賀町教室
    東京都新宿区市谷加賀町 2-4-27 「フロンティアキッズ加賀町」4階
    (都営大江戸線 牛込柳町駅 徒歩5分/JR市ヶ谷 駅 徒歩10分)
    ※地図>>>
受講料・お申込み  一般3,000円(税込)※学生無料

→お申し込み>>>  または03-6811-0514

 

【講演講師:高田祐介氏(救世軍機恵子寮 主任/社会福祉士)】
明治学院大学大学院修了後、設立間もない福祉系民間企業を経て、
2003年より児童養護施設職員となりました。
施設では実習指導担当者として若手職員の養成にも当たっています。
職員が専門職として成長し続けられるための方法を探求しており、
大田区子どもの貧困対策検討委員も務める、
救世軍機恵子寮のソーシャルワーカーです。
【ファシリテーター:橋本圭介氏(本校保育士国家試験対策主任講師)】
著書に『保育の現場ですぐに役立つ 保育士の基本スキル』、
『保育の現場ですぐに役立つ 発達保育の基本スキル 』があります。
(いずれも秀和システム刊)
広く社会福祉分野に精通し、自治体やいくつもの学校から講義の招請を受けている
人気講師で、著書はAmazonレビューで5つ星の連続獲得を更新中です。

今、保育園をつくろう!
「新しい保育園経営者養成講座」(準備篇)
2019年7月20日(土)10:00~12:00
 
保育園がたりない。
国や自治体の様々な施策にも関わらず、
都市部での認可保育園に入れない待機児童の解消には
まだまだ時間を要する状況です。
そのような状況の中、保育の質の担保もままならないまま、
たくさんの保育園が出来、
選択肢のない中で、親たちには、受け入れてくれる保育園に
大切な子どもたちを委ねざるを得ない状況が続いています。
「働くママを支援したい」
「これからの保育をつくりたい」
「ビジネスチャンスとして保育を選びたい」
「子どもの教育に貢献したい」
保育を基点とする起業の動機(願い)は様々であっていいと思います。
また、保育園をつくることは、社会的な要請であることに間違いありません。
この講座は、「これから保育園をつくりたい方」のための
保育事業での独立起業サポート講座です。
<カリキュラム>
・理想の保育園について考える
どんな保育をしたいかを考え、それを実現するためにはどんな設備・人材が必要か、
想像しながら組み立てていく。時間の最後にそれぞれが発表。
・『認可外保育施設指導監督基準』を読み解く
認可外保育施設指導監督基準は保育園開設のルールブック。
配置基準や建物基準など必要なルールを知り、To Doに落とし込んでいく。
・マーケティング(待機児童数や競合など)
候補地の立地について調査。モデル地域(中央区日本橋)で、
通勤圏内の地域児童数、保育所総定員数などから潜在的な待機児童数を計算。
競合となる認可・認証・認可外の保育所の状況も確認し、
その候補地で保育園を開設してもよいか調査する。
・収支シュミレーション
・「まちのてらこや保育園」の今と将来
 設立3年を迎えた「まちのてらこや保育園」の現在の課題と
 将来展望のプレゼンテーション。
会 場 まちのてらこや保育園
    〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町4-1 ミズホビル1F・2F
    (人形町駅A4出口から徒歩3分/水天宮駅7番出口から徒歩6分)
    ※地図>>>
受講料・お申込み  6,000円(税込)

→お申し込み>>>  または03-6811-0514

 

講師:高原 友美  (たかはら ともみ)氏
三井物産株式会社を退職後、株式会社サムライウーマンを設立。
 現在、中央区日本橋で「まちのてらこや保育園」の園長を務め、
まち全体で子育てに関わる仕組み作りを行っている。
1984年生まれ、現在31歳。岡山県倉敷市出身。
2007年3月、お茶の水女子大学卒業。
2007年4月より7年間、三井物産株式会社に勤務。金属資源の輸出入、
ブラジルでの金属資源開発案件などを担当。
2014年4月に退職し、6月に株式会社サムライウーマンを設立。
第32代中央区観光大使・ミス中央でもあり、中央区の魅力を国内外に発信中。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「安心・安全な保育環境をつくる組織マネージメント講座」(初級)
2019年7月20日(土)13:00~14:30
 
保育園の運営においては、「最も大切な子どもの命を守る」、
「子どもたちの最善の利益を守る」ということを保育に関わる
すべての人が自覚することが保育現場の安全管理と
危機管理の基本となります。
最も重要なことは、事件・事故の発生を未然に防ぐこと。
そのためには、子どもたちの日々の成長に寄り添った、
自主的、自発的、創造的な安全管理であり
危機管理が出来る組織作りが必要とされています。
<対象となる方>
・企業主導型保育園を検討している企業
・0~2歳を預かる施設全般(小規模、企業主導、認可外)
・保育で起業を考える方
<カリキュラム>
・保育の安全管理と危機管理
  事故ガイドラインの理解
  危険性を発見する視点の共有
・保育のリスクマネージメント
  リスクの回避・軽減・転嫁・需要
  使える業務管理マニュアルの作成
・子どもの最善の利益にむけて
  園内人材育成、環境整備の必要性
  求められる安全な保育体制作り
会 場 まちのてらこや保育園
    〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町4-1 ミズホビル1F・2F
    (人形町駅A4出口から徒歩3分/水天宮駅7番出口から徒歩6分)
    ※地図>>>
受講料・お申込み  5,000円(税込)

→お申し込み>>>  または03-6811-0514

 

講師:遠藤 登(えんどう のぼる)
株式会社保育安全のかたち 代表取締役
保育現場における救命処置法ほか、保育の事故、ヒヤリハット分析手法
「チャイルドSHELモデル(C-SHEL)」の教育ならびにリスクマネジメントの
研修における講義などを各地の保育関係者に提供している。
9年間に及ぶ保育園園長職の経験をベースとした実地的・論理的な裏付けを持つ
安全講義に定評があり、全国各地の自治体から講演の要請が後を絶たない。
お問い合わせ・資料請求はこちらまでどうぞ
電話:03-6811-0514
運営事務局:LMRファシリティーズ 教育事業部
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-2-10 三光ビル4階
メール:info@hoikujinzai.com