2019年3月9日(土)無料「自分に合った保育士としての働き方」講座

サンケイリビング新聞社主催
無料「自分に合った保育士としての働き方」講座
2019年3月9日(土)14:00~16:00
最初はパートから・・・?。
保育士のお仕事に興味はあっても、実際に保育の現場で働くのは、とても勇気のいることです。
ましてや、ブランクがあったり、未経験の方にとっては、不安が当たり前で無理は禁物です。
保育士不足で超売り手市場の今、改めて、自分に合った保育士しての働き方を考える絶好のチャンス。
この講座は、現職の保育士でもある、保育のお仕事アドバイザーの相原里紗さんをお迎えして、
保育の現場の現状、そして、それぞれに合った保育士としての働き方についてアドバイスを頂きます。
保育士というお仕事は、子どもの成長に寄り添うことが出来る素晴らしいお仕事です。
「自分スタイル保育士」を目指して、子どものたちのそばにいて下さい。
〇当日スケジュール
14:00 ~14:30 講演「自分に合った保育士としての働き方」(相原里紗さん)
14:30 ~14:50 首都圏の人気3園からのアドバイス&保育園紹介
               保育園採用担当者のお話が直接聞くことが出来ます
                       参加保育園グループ(予定)
                      ・ピジョン・ハーツ https://pigeonhearts.co.jp/
      ・まちのてらこや保育園 https://www.terako-ya.jp/
                      ・ケンパ・ラーニング・コミュニティー協会 http://kenpa.org/
15:00~16:00 個別面談(希望者)
会場:サンケイリビング新聞社
    千代田区紀尾井町3-23 (文藝春秋ビル新館)
〇受講料・お申込み  無料
→お申し込みはこちらから>>>
講師:相原 里紗氏(保育のお仕事アドバイザー)
保育士・のあそびっこプロジェクト 主宰
早稲田大学国際教養学部を卒業後、(株)オールアバウトに入社。
在職中に国家試験で保育士資格を取得し、保育士になる。
様々なタイプの保育施設で現場の保育士として従事する。
妊娠・出産を経て現在はフリーランス。
親子×のあそび×地域を軸とした「のあそびっこプロジェクト」を主宰。
親子向けイベントの企画・運営、保育・子育ての情報発信など、
保育士としての経験を軸にした仕事をしている。
プライベートでは1歳男児の母。アウトドア好き。