2019年7月20日(土)「安心・安全な保育環境をつくる組織マネージメント講座」(初級)

「安心・安全な保育環境をつくる組織マネージメント講座」(初級)
2019年7月20日(土)13:00~14:30
 
保育園の運営においては、「最も大切な子どもの命を守る」、
「子どもたちの最善の利益を守る」ということを保育に関わる
すべての人が自覚することが保育現場の安全管理と
危機管理の基本となります。
最も重要なことは、事件・事故の発生を未然に防ぐこと。
そのためには、子どもたちの日々の成長に寄り添った、
自主的、自発的、創造的な安全管理であり
危機管理が出来る組織作りが必要とされています。
<対象となる方>
・企業主導型保育園を検討している企業
・0~2歳を預かる施設全般(小規模、企業主導、認可外)
・保育で起業を考える方
<カリキュラム>
・保育の安全管理と危機管理
  事故ガイドラインの理解
  危険性を発見する視点の共有
・保育のリスクマネージメント
  リスクの回避・軽減・転嫁・需要
  使える業務管理マニュアルの作成
・子どもの最善の利益にむけて
  園内人材育成、環境整備の必要性
  求められる安全な保育体制作り
会 場 まちのてらこや保育園
    〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町4-1 ミズホビル1F・2F
    (人形町駅A4出口から徒歩3分/水天宮駅7番出口から徒歩6分)
    ※地図>>>
受講料・お申込み  5,000円(税込)
→お申し込みはこちらから>>>
講師:遠藤 登(えんどう のぼる)
株式会社保育安全のかたち 代表取締役
保育現場における救命処置法ほか、保育の事故、ヒヤリハット分析手法
「チャイルドSHELモデル(C-SHEL)」の教育ならびにリスクマネジメントの
研修における講義などを各地の保育関係者に提供している。
9年間に及ぶ保育園園長職の経験をベースとした実地的・論理的な裏付けを持つ
安全講義に定評があり、全国各地の自治体から講演の要請が後を絶たない。