あさか保育人材養成学校 校長 菊地政隆(きくちまさたか)

保育に正しい答えはない。

何故、現職の保育園の園長の私がこの学校の校長をすることになったのか?
それは現場の声を保育士の養成に直接活かしたい。現場で本当に必要な技術、そして意識を養成する必要があると感じたからです。

保育士資格は国家資格であり、取得してしまえば誰でも保育士として認められます。保育園経営者として今、保育現場で感じることは、保育現場で活躍するための本質的な技術と意識を学びとして提供している保育士養成校はどのくらいあるのかということです。
従来の養成校ではどうしても大人数の講義を余儀なくされます。当校は少人数の利点を活かし顔と顔を見合わせて心通う講義の中で、その技術と意識を身につけることが出来るのです。保育士は、子どもの命を守り、育み、未来を担う人材の基礎をつくるとても価値の高い専門職で、保育者として日々の保育を楽しみ、感動し、その技術を高め続けるお仕事です。

この学校では、保育士資格の取得だけではなく、専門職としての保育士を育成、そして、それぞれの保育現場を楽しむことが出来る意識を持った保育士を保育現場に送り出し、その後の活躍を支援することを使命としています。
我々が目指す保育者育成像。
1.個と向き合える保育者
2.気持ちに気づける保育者
3.保育を楽しめる保育者

保育に正しい答えはないように日々、
一緒に悩み共に成長していきましょう!!
あさか保育人養成学校
校長 菊地政隆

保育の現場に必要な 「専門知識」と「実践力」のある人材を 育成します。

保育士資格取得から就職まで完全サポート 40代、50代からでも就職できます!

国家試験を受験して、保育士を目指す方を対象にした、保育の現場を知る実践的な保育士を育成するための保育士養成スクールです。
保育園での実務を重視したカリキュラムは、保育園グループと特別支援教育で実績のある星槎学園グループの協力のもとに実現しました。
授業は週1回の通学制です。仕事や学業、家庭と両立しながら学べます。

こんな方に受講をオススメします。
●1年間で保育士試験に合格し、保育士として働きたい社会人の方
●子育て経験を活かし、再就職を目指す主婦の方
●大学と両立で保育士試験に合格し、保育士として就職したい大学生
<あさか保育人材養成学校の特徴>
  • 保育士筆記試験対策
    • 少人数制(最大30名)の授業で一人ひとりサポート
    • 短期間で合格する力を身につけるプロセス式必勝学習法
    • 最新試験を予想した模擬試験で総仕上げ
  • 保育現場実務
    「発達障害」「保育力コーチング」「乳児保育」「子どもの保健と健康」など、
    保育現場ですぐに使える豊富な授業をラインナップ
    現職の保育園園長、看護師、専門講師など経験豊富な講師陣がレクチャー
  • 保育園実習の実施
    学習期間中にも保育園実習が可能
    就職前に現場を経験できます
  • 就職まで完全サポート
    専門のスタッフが丁寧なヒアリングで一人ひとりにあった保育園をご紹介
    ご紹介園はスタッフが見学をして厳選した園のみ
  • 就職後のサポート
    フォロー講座の開催や、カウンセリング体制の充実

what we have achived

Exploring the new world

2586

TEACHER & Staff

1286

Student

286

Classes

29

Labs

Meet Our Teachers

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

メッセージ

目指すのは、生涯保育士として働いて頂くことです。

 

広告会社を母体とする私どもと保育との出会いは、保育園の保育士採用のサポートでした。
その求人ニーズは私どもに「今、どのような人材が保育園業界で求められているか」を教えてくれました。あさか保育人材養成学校は、短期間でより実践的に現場で活躍出来る保育士の育成を目的に設立をされました。
保育士を目指す皆さんのために国家試験合格はもちろん、保育の現場と深い接点を築きながら、現場で活躍出来る保育士の育成に全力を尽くしてまいります。「保育士になることが小さいころから夢だった。」

私どもの学校で学ぶすべての方がそう語ります。その実現に寄り添うことが出来る喜びを感じながら、今後は、保育の現場で活躍する現職の保育士の皆さんのサポートも合わせて取り組んでまいります。(そのための講座も開講しています。)保育士は社会に欠くことの出来ない、生涯働くことが出来る価値のある素晴らしいお仕事です。

■「Fuji Sankei Business i」に掲載されました